国分寺市議会議員 自由民主党 本橋たくみ (本橋 巧)
公式ホームページ

お問い合わせ:info@motohashitakumi.com

志・理念志・理念

今の政治状況に満足しているという人は、とても少ないはずです。
国政、都政、そして市政レベルでさまざまな課題が山積しているのに、なかなか前に進まない・・・。
「いい加減に、なんとかしてほしい」と思っておられる人が、大多数ではないでしょうか。
私はまず国分寺から、このような状況を変えていきたいと考えています。
課題解決への道筋をつけ、地域を良くするための施策や事業なら、国や都に先駆けて実行し、“先進的な国分寺モデル”を確立したいという思いを、誰よりも強く持っています。
そしてその結果、国分寺を「一生住み続けたいね」と思ってもらえるまちに変えることが、私の使命だと考えています。
こうした考え方に賛同いただける国分寺市民の皆様に、積極的な政治参加をしていただけることを願っております。

国分寺市を、「一生住み続けたい」まちにする
志あふれるまち

「志あふれるまち」とは、まちの将来を真剣に考え、意見を述べる人が、この国分寺市に、より多く存在するようになることです。市議会議員である私からも、現状の政策課題や論点、およびこの市が持つ可能性について、よりわかりやすく皆様にお示しし、その結果「国分寺を、こんなまちにしたい、あんなまちにしたい」という志を持った人々(=志民)が今よりももっと増えるよう、日々の活動に工夫を加えていきたいと考えます。

市民(志民)が主役のまち

家族や地域社会に対して、市民一人ひとりが、自ら出来ることを自らの手で行うこと。これこそが、「市民(志民)が主役」のまちづくりの第一歩であると、私は考えています。
たとえば、パブリック・コメント制度などを使って貴重な意見を提出する人。スポーツ・芸術・音楽の才能を活かしてイベントなどで活躍する人。あるいは、地域のお祭りなどの行事に積極的に関わる人・・・。このような一人ひとりの力を、国分寺全体の大きなパワーに変える「触媒」になることが、政治家の大切な役割のひとつだと認識しています。

持続可能なまち

市に古くから存在するコミュニティを大切にすることはもちろん、新たに国分寺市民となる人々とも協働し、永続的に暮らしていけるしくみと環境整備を推進していきます。
また、「市民(志民)が主役のまち」の項でも少し触れましたが、少子高齢化が加速し、市の財政が厳しい状況にある中で、コンパクトな財政運営に加えて、一人ひとりが地域の中で出来ることを日々実践していくことが、より大切になってくると考えます。
こうした考えのもと、「持続可能な国分寺」「一生住み続けたい国分寺」を実現するために、これからも全力で取り組んでいきます。

このページの上部へ
Official Blogー本橋たくみが、議員活動 &国分寺ライフを綴ります
Copyright © 本橋 たくみ All rights reserved.